スピリチュアルケア

WHOの「健康」定義に「スピリチュアル」が明記

従来、WHOはその憲章前文のなかで、「健康」を「完全な肉体的、精神的及び社会的福祉の状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」
“Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.” と定義してきた。(昭和26年官報掲載の訳)

平成10年のWHO執行理事会において、WHO憲章全体の見直し作業の中で、「健康」の定義を「完全な肉体的(physical)、精神的(mental)、Spiritual及び社会的(social)福祉のDynamicな状態であり、単に疾病又は病弱の存在しないことではない。」
“Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.”

出典:厚生労働省

スピリチュアルケアとわ

出典:リー百科事典『ウィキペディア』

「なぜ生きているのか」「何のために生きているのか」「毎日繰り返される体験の意味は何か」「自分はなぜ病気なのか」「自分はなぜ死ななければならないのか」「死んだあとはどうなるのか」「人間に生まれ、人間として生きているということはどういうことなのか」などの問いは、人間誰しも抱えている。スピリチュアルケアというのは、こういった問いに真正面から対面し、探究し、健全な解決へと向けて、絶え間なく働きかけることである。

人は、誰でも、元気なときでも、何かしら「スピリチュアルケア」を必要としているという。ましてや、病気になったとき、どうにもならない困難と対峙したとき、死に直面しているときなどは、なおさら、適切なスピリチュアル・ケアを提供を受けることが、大きな救いとなる。ところが、現代西洋医学は、「APPARATE MEDIZIN(機械医療)」、つまりハイテクノロジー重視の医療へと変化してしまったため、もはや西洋の古来の伝統的医学とも異なり、また現在も用いられる各文化圏の伝統医療とも異なったものとなってしまってい、現代西洋医学の従事者の多くは、病んでいる人のスピリチュアル・ニーズや、その切実な叫びを理解できなくなってしまっているという。おまけに、現代社会全体が、若さ・バイタリティー・美などばかりを高く評価しそれに言及することが多い一方で、苦しむこと・病気の状態を生きること・死ぬこと・宗教的なこと、といったことがらについては、普段、タブー視する傾向がある。しばしば病は突然やってくるものであり、そのような場合、人はスピリチュアルな痛みを感じつつ、「自分は何のために生きているのか」「死んだあとはどうなるのか」といったスピリチュアルな問いを行う。臨床スピリチュアル・ケアはこういった場で生まれている切実なニーズに応えている。
スピリチュアルケアは、身体的ケア・精神的ケア・心理的ケアにまさっている飯田史彦はスピリチュアル・ケアともされ、また、人間の究極的なケアともされる。飯田文彦 スピリチュアル・ケアの基本方針とは、人生のあらゆる事象に意味や価値を見出すことができるような、適切な思考法や有益な情報を効果的に伝えることによって、対象者が自分自身で、「心の免疫力」や「心の自己治癒力」を高めていくよう導くことである。

別の表現をすれば以下が基本方針とされるという。 「もしかすると宇宙には、自分を真の幸福へと導いてくれるような、深遠な仕組みや法則があるのかもしれない」という希望や「少なくとも、そう仮定しながら生きていく方が望ましいのではないか」という合理的判断にいたるよう

出典:『生きがいの創造Ⅲ~世界標準の科学的スピリチュアル・ケアを目指して』(PHP・2007年)

出典:臨床「ストラル」育研究センター

人は病気のとき身体的な苦痛のみではなく、精神的(心理的)、社会的、更に霊的(スピリチュアル)苦痛を含む「全体的痛み」を苦しみます。それぞれの苦痛に対して身体的ケア、精神的(心理的)ケア、社会的ケア、そして霊的ケア(スピリチュアルケア)が必要です。

霊的(スピリチュアル)苦痛とは、霊・心・魂が求める欲求(ニーズ)が満たされない時に痛みが発生しその痛みが「叫び」によって表現されます。その叫びに応対する(ケアする)のがスピリチュアルケア(霊的ケア)です。

叶うネクスモのスピリチュアルケア

叶うネクスモのスピケアーは、太陽光をレンズで収束し焼き切るように宇宙エネルギー・医療・政治・法曹・経済のあらゆるエネルギー、知恵を集結し「痛み・迷い・悩み・苦しみ」を解放、特定の宗教やテレビで目にする、守護霊や先祖の声を伝えてくれるスピリチュアルカウンセリングとは異る、智識・人脈・エネルギー全員参加で解決ていく方法。

叶うネクスモ プロフィール

青森県八戸出身、東京、渋谷の中堅建設会社の養子となり、痴ほう症の両親を10年以上介護を行い行い看取る。

宇宙神「ゼウス」より地球とのコンセット役「ネクスモ」命じられ、宇宙エネルギー・政界・法曹・経済・産業・興行界等の人脈、情報網をもつ。

30年に渡り、事務局や全国の相談者家族の面前で、ガン・腰痛・DV問題・良縁・妊娠・受験合格・希望先就職等の吉報が寄せられ、経済予測や営業手法、サービス業界での接客手法・事業承継 等 幅広ジャンルで「苦痛」の解放、講話会、セミナー、町会座談会を行う。